ヒュンダイ ジェネシス。 10年以上前の日本車vs韓国最高スペック車…結果から見る日本車のクオリティは?

2010年2月号に掲載• 尚、高級車ブランドは韓国メーカーとしては初めての試みであり、同社初の国産車であるの生産開始から40年での実現となった。

6万円となります。 シャシーは先代をベースとするも、大幅に改良されると同時に、ホイールベースを75mm延長させたことで3. ジェネシス・G90は少なくとも、レクサス並には快適なインテリアを備えているわけです。

0L直列4気筒ガソリン搭載で、 最大出力147hp、最大トルク18. 5,000億ウォン(約500億円)もの資金が開発に投じられています。 エンジンはキア開発の カッパ 1. 日本には導入されていないジェネシスですが、以前の韓国車のイメージとはまったく異なり、高い品質とこだわりを感じさせるモデルをラインアップしています。

20

ジェネシス 新型 G80 フルモデルチェンジについて 中型の高級セダンG80は先代よりもはるかにスポーティな「アスレチックエレガンス」のデザインを採用。 この写真をみると、車線からはみ出しているようですね。 以下の関連記事もぜひご覧ください。

4

1904年に日本で初めて車が製造されたことを考えると、この時点で約50年の差が日本車と韓国車の間にはありました。 アメリカでの販売については、そのリスクの大きさを危惧する意見がある。 この車はヒュンダイとして初めて、3万ドルを超える価格帯となる高級車として発売しましたが発売直後からその評価は高く。

9

G90は大型およびリムジンで、車内の快適性はもちろんエンジンパワーにも贅の限りが尽くされています。 ヒュンダイの主要車種2:ソナタ 「ソナタ」は、現代自動車(ヒュンダイ自動車)が販売している中型()です。

14