オペラ 座 の 恋人。 オペラ座[オペラ・ガルニエ]

あらすじ 怪人の噂 オペラ座では、数か月前から怪人が出現するという噂で持ち切りでした。

5

ファントムは、下水に捨てられた捨て子で、流れ着いた地下迷宮のネズミに育てられたという設定となっているほか、美形の金髪青年で、仮面などを被って行動することはない。 列ができていましたが、事前購入していたのでスキップできました。 最寄り駅のオペラ駅です。

16

駅構内にオペラ座 Opera Garnier へのルートが表示されているので、これに従って進みます。

マダム・ジリー: リトル・メグの母、ボックス席案内員。

19

劇場ということで、オルゴールや音楽CDも並んでいました。 上演中、カルロッタは声を失い、豪華なシャンデリアが客席に落下する。

日本語版もあります。 イタリアの白大理石でできたステップに始まり、赤大理石やオニキス、蛍石に碧玉をふんだんに使った階段は、とても重厚な雰囲気を放っています。 あらすじ [ ] 舞台は1880年の。

2

からまで日刊紙『ル・ゴロワ』に連載されていた。 原題: The Phantom of the Opera• レミー: マネージャーの秘書• ペルシア人: エリックの過去を知る謎の男。 翌日の夜、『ファウスト』上演中にエリックはついに、クリスティーヌを誘拐してオペラ座の地下深く消え、無理矢理結婚しようとする。