生 チョコ 作り方。 とろける様な生チョコの作り方

細かく刻んだチョコをボールに入れます。 キャラメル風味は、柔らかめのキャラメルを先に作り、 2 で合わせるときに加えます。

4

湯煎にかけて溶かしました。 リカバリー方法は、分離してしまったチョコレートの脂肪球をもう一度均一に混ぜ合わせることです。

柔らかすぎる場合は生クリームを減らして下さい。

9

1;1の割合が基本ですからその固さが普通です。 理由としては、もちろん明治さんのチョコが美味しいというのもあるのですが、1枚1枚が1口サイズとなっていて、 生チョコを作る時に一番面倒な 板チョコを包丁で細かく切るという手間を省くことができるからです。 画像を見てもかなり色がチョコ色のままなので、生クリームが足りなかったのでは?そこに、この寒い時期だから、チョコに生クリームの熱が伝わり切る前に混ぜはじめて分離が起きたのかなと思いました。

16

できればもう少し軽やかなチョコ味にしたいのですが何かいい方法はありますでしょうか? 初心者で申し訳ありません。

20

ぜひバレンタインに作ってくださいね。 (包丁はお湯につけて温めて、乾いたふきんで拭いて使います。 全体が柔らかいのは均一に仕上がっているからなんです。

6