茄子 の 輝き。 「シンプルに端的に」の逆を行く 滝口悠生・新刊『茄子の輝き』を語る(前編)

会社小説、それも中小企業の小説だから絹は僕の出張のお供に薦めたのか、あいつ何のつもりだ、と憤りさえしたのかもしれないし、1話目の最後の一行を目にする前に、きっと麦は『茄子の輝き』の世界から離れてしまったのかもしれない。

2021年にはお正月CM『特番篇』に登場。

なぜ自分から去って行ったのかが、いまだにわからないからだ。 ゆるいのか厳しいのかわからないこの会社で働いているのは、社長を入れて十名。 1本だけ茄子が力の限り振りまくった「爆弾サイダー」が紛れており、それを取った人が負けというルールなのだが、そこへ入ってきたプロデューサーが時子に命じられておもむろに缶を1本取っていく。

なぜ自分から去って行ったのかが、いまだにわからないからだ。

1

ジャンルでさがす• 夫婦と呼ばれる男女は、日常のなかでこのふたつをごく自然に使いこなしているので、本質的なちがいに気づかない。 アキツユコ 電子オルガンにて作曲を行う。

7

狭い洗面台で仲よく横並びに歯を磨いているふたりが口を濯ごうとして場を譲りあい、ついおなじ方向に動いてしまったときのような互いの顔が見えない困惑と、「宇宙空間で衝突した物体同士が、無重力のなかで、その場所からも、お互いからも永遠に遠ざかり続けるみたいな」寂しさを抱えて、語り手は生きている。 するとそこにどちらのものでもない、言わば夫婦の記憶、のようなものが生まれる。

18

向き合い、抱き合い、すぐ傍にいた妻から親しさも近しさも消えうせ、交わした言葉も日記に書き残したものだけになっていくことの不思議。 打ち合わせで、「男はつらいよ」のノベライズをしたいんですけど、と伝えた時の編集者の不安げな表情が忘れられない。

』で共演者達と温泉に浸かって、ファッションショー頑張りましょうと意気込んでいる一面が窺える。 大地震後の不安な日々。

16

ジャンルでさがす• 2015年、『愛と人生』で野間文芸新人賞受賞。 始めたばかり、無課金等で後述にある至幸の甘味が厳しいというPはこちらを先に目指そう。 どんなに時間を行き来し、どんな角度から検討し直しても、謎は解き明かされることがない。

9