アンドロメダ 銀河。 AstroArts

「画像参照:アンドロメダ銀河(Wikipediaより)」 そもそも何万光年と言われても、いまいちピンと来ないかも知れませんが、1光年とは1秒間で地球を7周半(約30万キロ/秒)もの超高速で進む光が1年で進む距離で、これをキロメートルに換算すると 約9兆5000億kmというとてつもない距離になり、それの10万年~26万年分の距離となれば、もう想像すら出来ない距離になるのではないでしょうか? あまりにも巨大なアンドロメダ銀河。

2つの銀河の間隔は約200万光年で、宇宙的なスケールで見れば非常に近い。 やっぱり赤道儀が便利とお考えの方に! 口径120mmのRFTは特に星雲・星団の観望に適しています。 また、イオン化されたHII領域や宇宙塵がつくる腕の観察などでは、分析が用いられる。

16

では、銀河にはどれくらいの星があるのか? 私たちの天の川銀河は約2,000億以上の星の集合体で、星というのは地球や木星といった惑星ではなく太陽のような自ら輝く恒星の事を指します。 は見ることはできず、大気の変動のため、瞬きするように見える。

7

ほかに(細かな粒が集まった、曲がった腕を持つ)や(不規則でまれな形状を持ち、近くの銀河からの影響を受けて形を崩したもの)等に分類される。

2

太陽のように自分で光を放つ星を恒星と呼んでいますが、銀河系には2千億から4千億個もの恒星があるといわれています。

また空の暗い所で注意深く見ると2つの 伴星雲(M32とM110)の存在も認めることができます。

2

提案されている理論には、大きく分けてトップダウンモデルとボトムアップモデルがある。 そしてふたたび近づき、最終的には一つの楕円銀河になると考えられている。

16

この相互作用は天の川銀河にも働いており、近傍のアンドロメダ銀河と秒速約120 -130kmで近づき合っている。

8

しかし局地的には、銀河相互に働く引力によって拡張に逆らっている。 一般に、銀河団は数十個程度から数千個程度の銀河の集まりであり、大きさは数百万光年から数千万光年ほどである。 となると、天の川銀河よりスケールの大きいアンドロメダ銀河ともなると、星の数は1兆個を超えるとかんがえられており、もはや理解不能とも言える圧倒的なスケールです。

19