熱海 の 捜査 官 考察。 熱海の捜査官

この壮大な物語の全ての幕開けとなるシーンです。 それは高校の屋上から、高飛び込み部のコーチ・祷巫女彦(少路勇介)が飛び降りて死亡した事件。 人当たりのよい柔和な性格だが、本部の内外にいくつもの隠し監視カメラを仕掛けており、客人には見えないようにモニタリングしている。

10

そして、最終回でも謎が残る終わり方で、考察記事やネタバレ記事が当時で感がれば多く作られました。

13

この謎の正体をどう考察するか・・・それは皆さんそれぞれの楽しみ方次第。 三吉彩花 役:東雲麻衣(しののめ まい) 行方不明になった後唯一発見された女子生徒でモデル並みの長身の美少女。 ず~っとダラダラ観ていて、オチがこれですかみたいなドラマでした。

9

敷島先生は全てを分かっていて、自分自身が自殺して死んだ事も理解しているけれど死を認めずに南熱海市に留まっていると思いました。

1

」というセリフ。

3

最終回にて、なぜか東雲を乗せてバスを運転していた。 東雲のことは、自分と同じ闇を持つ存在として、どんな手を使ってでも守ってやりたいと思っている。 本当に分かってるんだか・・・。

6