石上 神宮。 七支刀

祭神:、、。 この神話のエピソードから 「起死回生の一手を授けてくれる」 「迷いや憂いを断ち切ってくれる」 そんなご利益があるそうです。

3

はじめ宮中で祀っていたが崇神天皇が伊香色雄命に命じて現在地に。 この神社が建立されたのは、布留邑智(ふるのおち)という神主さんが受けた神託に由来します。 天神社には高皇産霊神(たかみむすびのかみ)・神皇産霊神(かみむすびのかみ)の二座が祀られています。

6

剣山はその名前の通り剣と呼ばれる山であり、古くから神宝が山に秘蔵されているのではないかという噂が絶たず、また、イスラエルの契約の箱を思い起こす金の鳥が埋蔵されたという言い伝えのある社さえ、剣山に近い山麓に存在します。 沖の島のレイラインは、その東の端に諏訪大社前宮本殿があります。

それが石上神宮です。

18

- 国指定文化財等データベース()• 楼門(建造物) 鎌倉時代後期、2年()の造営。

6

ちなみにこの七支刀、『日本書紀』に神功皇后摂政52年に百済から献上されたとみえる「七枝刀(ななつさやのたち)」にあたると推測されています。 御祭神の布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)は武御雷神(たけみかづちのかみ)が帯びていた神剣のことで剣の神。 (『王家の紋章』のマンガの主人公がピラミッドで古代絵画に描かれている兵士と目があって、古代へ引きずり込まれるシーンが脳裏に蘇ってしまいました 笑) ともかく本能的な畏怖を感じたのは久しぶりな気がします。

6