回復 術士 の やり直し 漫画。 回復術士のやり直し

当初は戦闘技術を学んでいなかったため、その身に宿る素質を持て余していたがケヤルガらの指導を受け才能を開花させ、神鳥カラドリウスの試練を乗り超える。 「黒い力」に呑まれ、魔族対人間の戦争を始めた元凶。

18

規制多めのTV放送版• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ] 2020年10月30日閲覧。

9

仕事のために檻を出されるケヤルはフレアへの憎しみでついに【薬物耐性】を獲得する。

10

粗暴な性格ながら王国に対する忠誠心はあり、フレアには信用されていたが、レナード自身はフレアに対して行き過ぎた支配欲と独占欲を抱いており、彼女を組み伏せて強姦する妄想を抱いていた。 真の名 人間以外の全ての生物に存在する魂に刻まれた本当の名前。

3

2018年9月4日発売 、• 人間や動物に植え付けると、常識外の再生力を持つ「黒い騎士」に変化する。 さらに使用者の魔力を消費して負傷などを自動的に回復する機能と、本来相手に触れなければ使えない【改悪】を前方約1メートルまで飛ばせる機能がついている。

一周目の世界では、ケヤルがこれを媒介にして【回復】を発動し世界そのものをケヤルが勇者として覚醒する直前まで巻き戻した。

14

なお、なろう版では名前が異なり「」「ガ」となっている。 正直、ノルンにここまでケヤルガが憎むことされてたかなと思ったのですが、この世界を憎むケヤルガですから仕方ないですね。