フシジンレオ。 フシジンレオとゲンタシンの違い

構造中にステロイド骨格を有しているためか、 他の抗菌薬との交差耐性をほとんど認めないらしい。 フシジンレオ軟膏の主成分であるフシジン酸ナトリウムには、ばい菌(細菌)をやっつける作用があります。

3

ただ長期的に使用を続けていると、 感作(かんさ)される可能性があるので注意が必要です。 そう痒• また他の抗生物質に耐性を獲得した黄色ブドウ球菌にも感受性菌と同様の抗菌力を示す。

8

これにより細菌の増殖を抑えるのです。

4

アレルギー反応はいきなりは起きないのです。

11

フシジンレオ軟膏は、主に黄色ブドウ球菌に対して強い抗菌力を持つお薬です。 アミノ酸のタンパク質への転換に抑制的に作用し、雑菌やウイルスの増殖を抑えてくれるのです。

8

フシジンレオ軟膏は、基本的にグラム陽性球菌、グラム陽性桿菌、グラム陰性球菌に対して抗菌作用があります。 生活上の注意 副作用 副作用として、発疹などが報告されています。 フシジン酸は細菌のみに作用するため、 水虫などの真菌(カビ)、ヘルペスなどのウィルスには無効です。

16