トリガー ポイント。 肩甲挙筋とトリガーポイント

(3)指を動かさずに10秒ほど圧をかける。

14

太ももの裏~ひざの裏が伸びていることを確認しながら行いましょう。

18

日本ではまだ筋膜性疼痛症候群という病気自体はあまり知られておらず、「筋痛症」とも呼ばれることがあります。

興味のある方はぜひ調べてみて下さいね。

索状結節上に限局した圧痛部位が存在する。

17

*サイトアップしています。 詳しくは、()をご覧ください。

今回は、肩こりの原因【トリガーポイント】についてご説明いたします。 スポンサーリンク こんにちわ、初めまして。 トリガーポイントの留意点としては、疼痛を自覚している部位に多くは存在するけれども、かけ離れた部位に見いだされることもある点である。

足の付け根の外側が伸びていることを確認しながら行いましょう。

6