ボールド ルーラー 系。 【エーピーインディ系】種牡馬一覧

母父に入ると、父系ほどダート血統を全面に出さず、芝の一流馬も多く輩出しています。 競走馬成績と情報 、. 種牡馬としてもそれなりの成績を収め、代表産駒に二冠馬、殿堂馬などがいる。 クイックアズライトニング( Quick as Lightning) - 1977年3月17日生まれ、父、牝馬。

6

距離の長短を問わず、その重戦車のようなパワーでスタートから先行し、オーバーペース気味に粘りこむといったタイプが直系には多い。 フォーティナイナー系 フォーティナイナーはミスタープロスペクターの直仔で、日本の短距離ダート界で最も勢いがある系統といえるでしょう。 1958年 - 最優秀短距離馬 表彰 [ ]• また、2歳時に走った10戦のうち8戦が距離6. ボールドルーラー系種牡馬一覧 パイロ Mineshaft カジノドライヴ Pulpit Tapit Malibu Moon シニスターミニスター など ボールドルーラー系母父一覧 Seattle Slew Capote ボストンハーバー ロイヤルスキー など ボールドルーラー系の特徴 現在、ボールドルーラー系で生き残っている系統は シアトルスルーを祖とする系統です。

3

ボールドビダー( Bold Bidder) 1962年3月22日生まれの牡馬。

19

Indy Take Charge Lady 2009 Stephanoatsee A. 大種牡馬因子がないため、親系統に昇格しないと意外に使いにくい種牡馬です。 生産者・馬主は。 ボールドルーラー系(ボールドルーラーけい、Bold Ruler Line)は(主に)の(父方の)の1つ。

近年の代表産駒は、 カジノドライヴ(父Mineshaft)、テスタマッタ(父Tapit)、インカンテーション(父シニスターミニスター)など。 芝もダートもどちらもG1馬を輩出するスーパー種牡馬です。 後継系統 後継系統の候補は以下になります。

10

欧州三冠を制した代表産駒ミルリーフは、20世紀の名馬トップ10に数えられるほどの名馬です。 ここではとの対決になり、ボールドルーラー鞍上のアーキャロはスローペースを作って楽勝するかに思えたが、最後の直線でギャラントマンが猛然と追い込み、ともに1分48秒80のトラックレコードでゴール、ハナ差でボールドルーラーがギャラントマンを降した。

17

皮肉なことに、ヴァンダービルト氏が手元に残した12頭からは活躍馬が出なかったのに、手放した12頭からはミスディスコや1948年の米最優秀ハンデ牝馬カナイヴァーなど8頭もステークスウイナーが登場した。

7

マッチェム系は三大始祖の中で最初に繁栄した系統で、 今でも高いスピード能力と持続力を発揮しています。 ウッドマン系• 506)。

13

配合の〆には最適です。