グラス コーマ スケール。 グラスゴウコーマスケール

詳しいプロフィールは. 大分類 1. ただし不十分で声を出しても笑わない 0 正常. 「開眼」、「言葉の応答」、「機能」の3つの要素について患者がどの段階にあるのかを診断し、それぞれの項目の点数によって意識レベルを測定する。

15

4点:自発的に(spontaneous) 3点:音声により(to sound) 2点:疼痛により(to pain) 1点:開眼せず(never) 4点の「自発的に」では、患者さんが目を開けているか、普通の呼びかけで目を開きます。 そんな「グラスゴーコーマスケールと同様にメジャーで、日本で多用されている意識障害評価スケール」である『ジャパンコーマスケール』に関しては以下を参照して欲しい。 日々の業務お疲れさまです。

7

見当識障害がある。 4点:自発的に(spontaneous) 3点:音声により(to sound) 2点:疼痛により(to pain) 1点:開眼せず(never) 4点の「自発的に」では、患者さんが目を開けているか、普通の呼びかけで目を開きます。 6点:命令に従う(obey commands) 5点:疼痛部認識可能 localize pain 4点:四肢屈曲反応(flexion):逃避(withdrawal) 3点:四肢屈曲反応(flexion):異常(abnormal) 2点:四肢伸展反応(extension) 1点:全く動かず(none) 6点は、命令に従って体を動かすことができます。

20

グラスゴーコーマスケールとは 意識障害の評価分類スケールはいくつか開発されているが、その中でも一般の臨床では以下の2つが普及している。 4点では、会話はできるけれども 「ここはどこ?わたしは誰?(見当識)」がわかりません。 誰かのためにむりをして頑張ってきた、自分のような女性に向けたメッセージを綴ります。

8

(日本では JCSが一般的です) 1. 誰かのためにむりをして頑張ってきた、自分のような女性に向けたメッセージを綴ります。

2

グラスゴーコーマスケールとは、国際的に広く利用されている意識障害の評価方法のこと。

13

言語反応の判定について 「今いる場所を教えてください」「私が誰か分かりますか」と質問し、きちんと答えられた場合にはV5となります。 点数は3~15点まであり、正常では15点、深昏睡状態では3点となります。

11

3点は、言葉を発することはあっても(「痛い」等) 会話ができない状態。

意識障害の評価方法の代表的なものとして、ジャパン・コーマ・スケール(JCS)とグラスゴー・コーマ・スケール(GCS)があります。 日本では簡便に患者さんの状態が把握できるJCSが主流となっていますが、GCSは、世界では最も広く用いられているスケールです。

18