クラウド ストライク ホールディングス 株価。 【CRWD】クラウドストライク・ホールディングス 業績と配当情報

その内包されている機能としては、「Falcon Prevent(次世代アンチウィルス)」「Falcon X(脅威インテリジェンス) 」「Falcon Insight(エンドポイントでの検知と対応)」「Falcon Device Control(リムーバブルメディアの保護)」「Falcon Over Watch(脅威ハンティング)」「Falcon Discover(IT衛生管理)」「オプションサービス」などがあります。

そのため、セキュリティは即座に簡単に稼働を開始することができます。

実際に値動きが重たい時期もあったからですが、 コロナ禍によって景色は一変して急にトレンド銘柄と変わりました。

クラウドストライクの基本情報として、創業は2011年、ナスダックに上場したのは2019年6月14日、ティッカーシンボルは:「CWRD」、決算は1月、従業員は2019年1月時点で2,078人です。 8-10月期決算(第3四半期)を発表しており、1株利益、売上高とも予想を上回った。

16

私のキャリアとしては、新卒でリクルートへ入社して、退職後に独立。

11

このデータベースことが、ライバル企業が真似できない参入障壁となります。

9

投資情報• の顧客数が増えると、当然、分散型データベースに保存される過去の攻撃事例も豊富になり、脅威に対する防備は強固になります。 ひとつずつ解説していきましょう。

2

バリュエーションはPSRが40倍程度で一服感があり、短期のテクニカルでは下げトレンド 最後に 今回はCRWDを調べました。