きめつのやいばネタバレ 186。 【あらすじ】『鬼滅の刃(きめつのやいば)』185話(21巻)【感想】

そして家に帰ると、うたは家の中で血だらけで横たわっていました・・・。

16

」と勘違いしていますが、しばらくしてから今見ているのが 『記憶の遺伝』だということに気付きます。 やがて縁壱も鬼狩りとなります。

6

女の子は桶を持ったまま長い間立ち続けていたので何をしているのか聞いてみると、流行り病で家族みんな死んでしまい、一人になって寂しいから田んぼのおたまじゃくしを連れて帰ろうとしているのだと言います。 みんな最後まで戦ったのに・・・。

14

全て当チャンネルにて作成したイラストを使用しております。 目を釣り上げて怒りをあらわにする無惨。 倒れたままの 炭治郎以外の柱3人は攻撃を試みますが、それぞれ 無惨から毒入りの攻撃を受けてしまいます。

9

しかし、人間に戻る薬を服用したのに、その目はまだ鬼のままでした。 2,078• 無惨は怒りの表情を浮かべました。

11

220• ここでこの屋敷からの逃亡を決意します。 おそらくずっと近くで見守ってくれていたのではないでしょうか・・・? この父の言葉は温かく、ありがたいものだったと思います。

12