高 解像度 降水 ナウ キャスト。 ファイル形式データ

長野県市長会 2020年7月24日閲覧• 当初は8月11日に稼働する予定であったが、8月14日にシステムの変更作業が行われ 、予定より4日遅れとなる8月15日から正式に運用を開始した。 降水短時間予報は30分ごとに更新されるのに対し、降水ナウキャストの予報は5分間隔(1日288回)に更新されるため、急激な雷雲の立ち上がりに即応できる。 2017年4月3日閲覧• ただし、現状は学習データのない未経験の状況における正確な予測については未知数であり、物理学・気象学に基づいた力学的予測の導入やデジタル技術の革新により、さらなる予測精度向上のための努力が続けられています。

2017年(平成29年)2月13日(XバンドMPレーダ — 1局廃止:計37局) 一関局(栗駒山周辺地域)が観測所の廃止に伴い運用を終了し 、2011年から観測を続けてきた栗駒山周辺地域のXバンドMPレーダが2局とも閉局となる。 2018年(平成30年)7月12日(XバンドMPレーダ — 1局増設:計39局・CバンドMPレーダ — 2局増設:計16局) 九州地方(長崎県)のCバンドレーダ雨量計 と四国地方(愛媛県)のCバンドレーダ雨量計 がマルチパラメータ化され、さらに東北地方においては秋田県にXバンドMPレーダの が能代河川国道事務所の鷹巣出張所 に設置されて観測精度の向上が図られた。

3

気象庁の「高解像度降水ナウキャスト」のデータを使用して、雨が降る予想が出た時に事前に通知するアプリです。 図は平成26年6月29日16時00分を初期値として16時20分を予測した予測値とその時間の実況及び解析値。 国土交通省中部地方整備局(2017年(平成29年)8月4日発表) 2017年8月7日閲覧• 高解像度降水ナウキャストの予測手法 降水ナウキャストが2次元で予測するのに対し、高解像度降水ナウキャストでは、降水を3次元で予測する手法を導入しています。

18

本項ではシステムの正式名称に合わせ、「レーダー」ではなく「レーダ」の表記で統一する。 平時からハザードマップを参照し、事業所のどこから浸水しやすいかを把握した上で、浸水対策用品の準備などの対策を行い、安全な避難場所や避難経路を選定しておきましょう。

13

配信間隔. また、地上による補正を行わずに、比偏波間位相差・水平偏波の反射因子・垂直偏波の反射因子・反射因子差・偏波間相関といった様々な様々な偏波パラメータから降水に関する詳細な情報を測るレーダである。 類似システムとの比較 [ ] 高解像度降水ナウキャスト [ ] 高解像度降水ナウキャストの予測手法 一般に「 雨雲レーダー」とも称される、レーダ解析によるリアルタイム雨量情報をインターネット上で公開するシステム(公的機関が提供するもの)としては、XRAINの他にの高解像度が挙げられる。

雨雲の動きを確認できるウェブサイトをホーム画面に追加する まず1つ目は、雨雲の動きをレーダーで確認できるウェブサイトをホーム画面に追加しておくという方法。 局、局、局、局、局、局、局、局、局 CバンドMPレーダの性能(最小観測面積・観測間隔・配信所要時間)はXバンドMPレーダと同一である。 さらに、2014年からは、局地的な大雨の観測精度を向上させるため、気象ドップラーレーダーの観測値に加え、気象庁と国土交通省、地方自治体が保有する全国の雨量計のデータ、ウィンドプロファイラやラジオゾンデによる高層観測データ、国土交通省のXバンドMPレーダー(XRAIN)などを活用した高解像度降水ナウキャストを運用している。

9