カラミざかり 10話。 カラミざかり3の無料画像とネタバレ感想!

彼女の言葉の背景をすぐに察した高成。 下校途中に高成は、智乃から里帆がセフレに会っていることを聞かされる。

18

高成がその様子を観察していると、智乃は少し怒ったような表情を浮かべていました。 里帆に連絡しようかどうか、一人で悩んでいきます。

16

高成はその様子を嫉妬の入り交じった冷めた表情で見ていましたが、里帆の突き出したお尻に興奮します。 カラミざかりにとっては厳しい状況でしょう。 。

しかも智乃に気付いたあと、里穂をシャワーに連れて行って今度はお風呂場で…。 一方、高成をリードしていく智乃。 タマから竿へと舌を這わせる里帆。

11

やがて貴史は絶頂を迎え、約束通りに外で出し、高成もまた智乃とのセックスで絶頂を迎えていました。 ベッドにいつの間にか近づき、 いきりたった高成のチンコを里帆の口に。

2

「てか山岸…さっきよりギンギンなんだけど」 じっと里帆の姿を見ている高成に気付く智乃。 その答えに興奮した貴史は、自分のも飲んで欲しいと智乃に申し出ます。 そのまま貴史、高成ともにフィニッシュ。

20

ここで第1巻は終了。

智乃は高成のムスコが先程よりギンギンになっていることを口にしますが、高成の視線が里帆を向いていることから、高成の里帆への気持ちに気付くのでした。

貴史は高成に謝りつつ、里帆と智乃に2人同時のフェラを要求するのでした。

19