核 の ゴミ 北海道。 日本中の”核のごみ”を引き受ける覚悟は?選択を迫られる北海道の2つの町「寿都町」と「神恵内村」 (1/2)

それでも約1カ月での「スピード決着」に、村内では「手際が良すぎる」との声がくすぶる。 これによって、住民投票は行われないことになった。

19

文献調査の受け入れで、2町村はそれぞれ国から最大20億円の交付金を得られる。 「議会の中も腐っていたなという思いです。 過疎を取るか、核を取るか。

20

片岡春雄町長が文献調査応募を検討していると『北海道新聞』に報じられたのは8月13日。 処分場が来るんだというのを頭から除いていただきたい」と弁明した。

12

住民からは「町民を苦しめないでください。 自民党も知事も国の言いなりで、反対の声は届かず そんな沢村町議に「鈴木直道・北海道知事には『民意を反映しない欠陥法だ』と最終処分場選定の法律改正を国に申し入れてほしいですか」と聞くと、やや冷めた答えが返ってきた。

6

衰退の一途をたどる2つの町は、一体どこへ向かうのか。 町民の会」の吉野寿彦・共同代表(水産加工会社社長)は13日の否決後、囲み取材でこう語った。

4

片岡町長は「昨日の記事がまず一面に載るだろうなと思って、どんな記事かなと思って新聞を取りに行ったら、『神恵内』って書いてあったから、『ええ!』て驚きました。

19

「(町長が文献調査について話をしたとする)『全員協議会』は協議する場で、議決をする場所ではない。 日本中の核のごみを引き受けるのかどうか、選択を迫られる町の苦悩と現実を追った。 町長の前のめりな姿勢に対し、住民が反対の署名活動を行うなどしているが、町議会では賛成派の議員が過半数を占める見通しだ。

16

原子力発電環境整備機構(NUMO)は17日、北海道の寿都町と神恵内村で、高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地選定の第1段階に当たる「文献調査」を全国で初めて開始したと発表した。 しかし、3号機を動かして電気料金を下げた方がいい」「国は(核のごみ問題を)先送りしている。

8

「『貧しい町でも、核交付金(原発マネー)に頼らずに財政健全化を達成することは可能』という私の経験談を聞いてはくれましたが、文献調査応募の意思は固いようでした」と澤山氏は振り返る。 先手を打った」と述べ、文献調査に伴う交付金20億円がほしいとの意図をあからさまに語りました。 幸坂(こうさか)順子町議から、党道委員会と小樽地区委員会連名の要請書を受け取った片岡町長。