チェルシー 監督。 「素晴らしい指揮官」「素晴らしいとは言えない」チェルシー・トゥヘル監督就任の裏で大物が〝対立〟

ローン移籍 [ ] in No. UEFAチャンピオンズリーグでは、準決勝で前年レアル時代に国王杯決勝で敗れた率いると対戦。

10

クラブオーナーのとの不和が報道される中、2007年9月に退任した。 準決勝では優勝したに敗れたものの、初めて欧州カップ戦で好成績を残した。 1971-1974• 2016年に入っても多くの勝利を積み重ねたが、第25節でのとの直接対決に敗れ、続く2試合に引き分け、さらに4月に入った第31節での戦ではが激高し退場するなどの出来事もあり完敗。

1997-98シーズンに、、、らを獲得して戦力強化を図った。 大型補強などを敢行したものの、プレミアリーグをはじめとした他のタイトルは獲得できず。 2004-05• 2007-2008. ここでもナポリから連れてきたジョルジーニョをアンカーに据え、従来ボランチだったを1列前に上げ右の中盤で起用した。

16

1960• 1997-98• 終盤にはライバルのFCバルセロナに猛追されたものの、アウェーでの直接対決で勝利して突き放し、優勝を成し遂げた。 フリットはその長いでの活躍をもとに築いたイタリアコネクションとボスマン判決を活用して、、などの大物外国人選手を多数獲得した。

2

フランク・ランパードがで残した功績に最大の敬意を表します。 昨シーズンは国内4冠を達成するとともに、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)では同クラブを史上初となる決勝の舞台へと導いていたが、昨年12月末に解任となった。

2012年4月、に拠点を置くチーム・とのパートナーシップを結ぶことを発表した。 1957-1959• 1947-48• 1941-1943• がのに就任した際にとしてスタッフ入りし、以降厚い信頼を受けてロブソンとともに、といったクラブで通訳を務める。 しかし最終的にはチームの成績で黙らせてしまう場合も多かった。