失業 保険 いつから もらえる。 失業保険、いつからもらえる?

下記に、求職申し込みに必要な書類を具体的にあげておきます。 持参するもの• 思っていたよりも複雑でした。 その後求職活動をし、失業認定日にハローワークに出向いて求職活動をしたことを報告し認定を受けます。

15

就職して1年働いたが、試用期間の3か月間は雇用保険に加入しておらず失業保険がもらえないというケースもあり得るのです。

17

健康保険や年金などの社会保険、住民税の支払いに不安がある場合には、管轄する機関や窓口に相談をし、減免制度を利用して出費をできる限り抑えられるようにしておくことをおすすめします。 どれにするか迷ってしまうほど膨大な職業訓練コースがあります。 複数の会社で勤めていた場合も足すことができます。

出典:ハローワーク「雇用保険の失業等給付受給者のしおり」 受給資格決定日・待機期間・給付制限とは 補足的な意味も含め説明しておきます。

6

退職前6ヶ月間の給料から「賃金日額」を計算する• だ、ダメなのか。 1年以上間が空いてしまうとゼロにリセットされます。 こう期待してもらえるんです。

11

この申請を行った日から数えて7日間を「待機期間」といいます。 その条件は、離職理由が自己都合か会社都合かによって異なりますので、それぞれ見ていきましょう。 ですが特定理由離職者2と一般受給資格者では120日しか受け取れません。

13

ちなみに、なぜ、2~3週間で離職票が届くかというと、 「事業主は、離職(退職)した日の翌日から10日以内に、離職証明書等の必要書類を添付して雇用保険資格喪失届をハローワークへ提出する義務がある」 という理由からです。

20

このような場合、会社側は退職の際に自己都合を理由とする 退職届の提出を強制することがあるので、 はっきりと提出の拒否をするとともに、 強制された証拠を残しておきましょう。 )により離職した者 (2) 労働契約の締結に際し明示された労働条件が事実と著しく相違したことにより離職した者 (3) 賃金(退職手当を除く。 ハローワークに離職票の提出と求職の申込みを行った日、いわゆる受給資格決定日から通算して7日間を待期期間といいます。

この離職票が失業手当の受給に必要です。

7