特殊 相対 性 理論。 光速に近づくと、空間が縮む|わかりやすい特殊相対性理論2

は、で、の近傍を通る星の光の曲がり方がニュートン力学で予想されるものの2倍であることを観測で確かめ、一般相対性理論が正しいことを示した。 新幹線に乗っている時、駅から見れば新幹線が動いて見えますが、新幹線に乗っている人から見れば、駅が遠ざかって見えますよね。 よって上の定理は、以下を意味する。

4

原題:• 今、慣性運動する2人の観測者(すなわち何らのかかっていない観測者) A、 Bがある一点ですれ違ったとする。

15

真空で宇宙項がある場合の膨張宇宙解。

1

もっともあの人達には理解できない、或いは理解する気がない、のかも知れませんが。 観測者の単純運動のみで、検出器の 針金の数が変わるため、明らかに致命的なパラドックスである。 Fig. 原題:• フィリップ・フランク『評伝 アインシュタイン』矢野健太郎訳、岩波書店、2005年。

1

63 ある質量の物体を いくら粉々にしても トータルの質量は 同じまま。

4

私たちが持ち合わせている自然に対する常識というものは、本当にかくも脆い。 ただし、正規直交基底の中には、• 原点を通る光の軌跡は、光円錐上にある直線である。

だから一般相対論は勿論のこと、客観的に見て普通の感覚ではもっと信じがたい筈の「量子力学」への反論は全くと言っていいぐらいにありません。 スポンサーリンク 最後に、右端で照射された光がBの人に届きます。 この直角レバーのパラドックスは まだ解決されておらず、特殊相対論が 間違いであることを示している。

19

次回もわかりやすさを第一に書いていきますので、ぜひご一読ください 以上、『光速に近づくと、時間の流れが遅くなる/世界一わかりやすい特殊相対性理論Part1』でした! ご朗読ありがとうございました 記事をブックマーク&シェアなどしていただけると大変ありがたいです。 Fig. しかし あの有名な GPS の時間の補正にも ふたごのパラドックスは当然含まれていることになり、すなわち GPS は相対論に関係ないことになる。 結果的に 地球と伴に動く観測者からの視点では、Fig. なぜなら慣性運動している二人は二度と出会うことがないので、もう一度再会してどちらの時計が遅れているのかを確認するすべはないからである。

19

しかし お気づきのとおり、彼らの主張は 非常に小さな水と 非常に大きな地球の 影響力の違い や 媒質の運動とその屈折率の変化 などについては 完全に無視している。 また、運動している物体の 長さは 収縮して見えることになる。