浣腸 液。 グリセリン浣腸の使い方

これは腸の形にあった体勢にすることで、液体がスムーズに入りやすくするためです。 浣腸にはドラッグストアなどで購入できる「」• 腸壁潤いがでるとともに便にも水分が入るので排出しやすくなること の2点です。 多量の排便により血圧変動を来たす場合があるため、血圧が変動しやすい患者においては医師の指示を仰ぐ、排泄をベッド上で行うなどの注意が必要である 立位による浣腸処置時は、直腸穿孔の危険性に十分注意する 浣腸の慎重投与• ノズル、本体ともにプラスチック製であることが多く、中には使い捨てを前提としたものも。

妊婦:安全性が確立されておらず治療上の有益性がリスクを上回る場合のみ慎重投与するが、投与により子宮収縮を誘発し流産・早産を起こすリスクがあるため投与しない方が望ましい 浣腸の禁忌• 腸の中の悪玉菌も出ますが、 善玉菌も排除してしまうことになります。 患者に浣腸の目的や方法・注意点などを説明し、排泄する場所を確保しておく• グリセリン浣腸:固くなった便を柔らかくする作用。

10

逆に浣腸の場合は、グリセリンが作用しますが、このような作用は腸に引き起こさせません。 カテーテル先端を肛門に挿入し、その後は腸管の走行に逆らわないように腸管壁に沿うようにして挿入する• ゴムポンプタイプ同様、逆止弁のないものが多いので、取扱いには十分注意しましょう。 同様の形状をした繰り返し使用できる器具もあるがこれはディスポーザブル浣腸には分類されない。

16

乳児の麻酔などで一部利用される。 もちろん個人差があり6cmの人も5cmの人もいる。 つまり、肛門から液体を入れて便を柔らかくし、強制的に排出するということになります。

注入が終わったら脱脂綿やトイレットペーパーで肛門を押さえてからチューブを抜き、その後も押さえておきます。 また、便秘は大腸ガンなどの腸疾患の症状として表れている可能性もあるため、長期にわたって便秘症状が続く場合は、安易な判断は避け、医療機関にかかり検査を受けるべきである。 浣腸後はトイレに行きやすい場所で、でも落ち着ける姿勢で耐えましょう。

5

している場合• 膝を軽くお腹の方に曲げて前屈気味の姿勢を取ります。

この特徴を考えると、 直腸付近に便が溜まり硬くなってでなくなってしまった便秘に最も効果があると言えますね。

9