コロナ 中国 訴訟。 中国に賠償請求続々 米、インドなど「初動誤り拡大招いた」|【西日本新聞ニュース】

ミズーリ州では4月21日の時点でコロナウイルスの感染者は5963人、死者215人、経済的損害は少なくとも440億ドルとされていた。 共産党独裁の習近平政権が「死のウイルス」の発生を当初隠蔽したうえ、「米軍が持ち込んだ可能性」などと情報操作を始めたからだ。 東京オリンピックの延期や外出自粛・緊急事態宣言などで日本の経済が受けたダメージは計り知れない。

11

ラリー・クレイマン氏はこれまでも陰謀論を根拠にフリーダム・ウォッチを使って訴訟を行ってきたことで悪名高い。

17

新型コロナウイルス感染拡大および政府部門が講じた対応策により契約の履行が根本的に不可能になった場合、裁判所は、当事者からの契約解除の求めを支持します。 現時点で中国政府に賠償を求める訴訟を起こしているのは、アメリカ、イギリス、イタリア、ドイツ、エジプト、インド、ナイジェリア、オーストラリアの計8ヶ国。

たとえばミズーリ州当局による訴訟は中国の政府や武漢市に総額440億ドルに達する賠償金支払いを要求した。

現在、中国の新型コロナウイルス感染拡大が収束の兆しを見せていると報じられているものの、新型コロナウイルス感染拡大に関連する契約紛争が多数発生しており、不可抗力の認定が紛争の争点となるケースが多くあります。 中国に対し、20兆ドルの請求を行っています。 今や中国は四面楚歌、「中国之夢」は悪夢となった。

12

〒104-0045 東京都中央区築地4-3-12 1006• その額たるや実に1京円という天文学的数字だというのだ。

11

これまで親中路線を歩んだアンゲラ・メルケル独首相も「情報の透明性が必要」と中国を諭した。 中国情勢に精通するノンフィクション作家、河添恵子氏による、独走の緊急寄稿第7弾-。 もし5中全会(中央委員会第5回全体会議)を開催すると、責任問題が噴出し、習近平は詰め腹を切らされるというシナリオが急浮上した。

8