クラブ w 杯。 クラブW杯、厳しいコロナ対策講じて開催へ

その後、2020年12月4日のFIFA評議会において2021年大会を2021年12月に日本で開催することを決定。 それぞれの大陸枠はヨーロッパが最大で8枠、南米が6枠、アジアが3枠となった。 - インターコンチネンタルカップで優勝したヨーロッパと南米のすべてのチームの認知 - 1960年から2004年の間に行われた - 世界のクラブチャンピオンとして。

その他の開催形式に変更はない。 しかし新型コロナウイルスの世界的大流行でとが1年延期され開催困難となったため、2020年3月18日に電話による臨時理事会により開催延期が決定。

18

クラブW杯は当初昨年12月に行われるはずだったが、新型ウイルスのパンデミック(世界的な大流行)と、リベルタドーレス杯が完了していないことを理由に延期となった。 ただし、開催国の国内リーグ優勝クラブと開催国が所属する大陸連盟のクラブ選手権優勝クラブが同一国のクラブだった場合は、同一国から2チームが出場しないように配慮するため、大陸連盟のクラブ選手権で開催国以外の最上位クラブ(原則準優勝クラブ)に対して出場権が与えられることになった。

17

5人となっている。

。 日本語では、「TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップ」が正式名称であり、ホスト・ブロードキャスターである日テレではこの正式名称を用い、宣伝番組等で「クラブ のワールドカップ」という呼び方を使用しているが、一般的には「クラブワールドカップ」や「クラブW杯」という呼び方・表記をしている。

その理由としては、大会スポンサーが思うように集まらないことと、ビッグクラブを中心とした欧州連盟の反対がある。

15