宮廷 の 茗 薇 あらすじ。 宮廷の茗薇 あらすじ

そんな小薇に清時代の胤祥は杏子の木を植えて確かに自分が存在していることを証明します。 徳妃は実の息子同士の対立に苦しんでいた。 ヒロインが帰宅中、街の大型モニターでは一つのニュースが流れていました。

いつか色々な面で何も心配なく行けたら良いなと思います! 茗蕙 役 スン・アンコー(孫安可)プロフィール 誕生日1998年2月2日 身長168 cm A型 吉林省通化市生まれ 北京電影学院卒業 出演ドラマ 夢回(宮廷の茗薇)、烈火軍校、蓬莱間、倚天屠龙记、殺破狼、悪魔少爷别吻我1・2、他 茗蕙…本当に憎らしくて、最終話まで顔を見るだけで嫌な気分になってました(笑)どんなプロフィールか気になったので調べたらビックリ!!シューカイの《烈火軍校》に出ていたなんて!!(曲曼の姝) 今後、彼女出演のドラマを観るたび 茗蕙を思い出してしまいそうなくらい、このドラマでほぼ紅一点で悪役してましたね。 無実を主張するも、皆が茗蕙が犯人だとしか思わなかった。

16

翌朝、ヒロインは仕上げた設計を上司に褒められます。 最後にはちゃんと改心してくれたのでスッキリ!!現代の十四と茗蕙、美男美女でした! 最終話で小薇が 故宮を小高い丘から眺めているときに、私も故宮をこの目で実際見てみたい、この場所に行ってみたいと思いました。 そこで、四皇子を選びたかったか問われる茗薇。

10

最終回では現代に戻ってきました! 縁は前世からずっと続いている。 だが、それからというもの、自然と灯籠が灯るたびにその青年が現れて、いつのまにか会話までしていた。 しかし目を閉じても歩けるほど通い詰めている故宮、自分が道に迷うとは思えなかった。

徳妃、四を気に入らなくなったらいつでも殺す準備してたのかなと怖く思ってました。 陰でそれを聞き、ようやく未練を断ち切った四皇子だった。

10

彼氏ができたのかと聞かれても、うまく答えられないショウビ 昨日、二人でとった写真は、自分ひとりしか映ってなかった。 その答えから、茗薇が十三皇子に一途だと再確認した四皇子。

16

町でショウビに似た女性を見かけ、追いかけたが見失う。 薔薇は仕方なく徹夜続きで幻覚を見たのだと自分に言い聞かせ、なかば自棄になって帰ることにした。

15

だが清朝で再会したら、愛し合った記憶が失っていた。

4

十四皇子は、四皇子から酌量の判断を任された。