シトラス リボン 運動。 同校生徒の感染確認がきっかけ 身に着けて意思表示 真岡中でシトラスリボン運動

愛媛県の市民グループが「シトラスリボンプロジェクト」として4月から始めた。

11

10月に同校生徒の感染が確認されたことをきっかけに運動を始め、生徒らは手作りしたリボンを制服の胸ポケットやかばんなどに取り付けて学校生活を送っている。 宇都宮市星が丘2丁目、自営業小池和典(こいけかずのり)さん(52)と共に、今月から「シトラスリボンINとちぎ」の名前で運動を後押しすることにした。

11

リボンは、生徒会の保健委員会が中心となり作った。 活動自体が不要になり、消えてなくなることがわれわれ発起人メンバーの目標です。

9

水代健副社長は「医療従事者の家族が心ない言葉を掛けられる話に閉塞(へいそく)感を感じる中、グループの存在を知って連絡を取った」と振り返った。

11

っていいあえるまちに」を目指すプロジェクト。 ラッピング用リボン• 周りの方々へ「元気ですか?」「また会いましょう!」のことばとともに贈りあうのもよいかもしれません。

松山大学の研究者たちは、感染した後に治った人や医療従事者などが、地域で受け入れられやすい雰囲気や環境づくりを模索するため、会合を行ったそうです。 そして、活動開始から10日ほどでフジテレビの「Mr. 生徒たちの目に触れるのは学校再開の後となるが、田中養護教諭は「入り口にリボンがあることで子どもに関心を持ってもらえれば」と願う。 新型コロナウイルス感染症に関する差別や偏見があってはいけません。

12

水代副社長は「できることから始めようと思った」と、寛容な社会に向けた一歩を説明した。

20

全国に広がるシトラスリボンプロジェクト シトラスリボンが飾ってある日本酒とおちょこ 緩やかに仲間や友人、SNSで発信し始めたのですが、反響は数日で愛媛県内に拡大。 と同時に、アフターコロナの社会のあり方も見すえたいなと思うのです。

20