かけ まく も 畏 き。 かけまくも畏きのネタバレ、結末感想、あらすじ、結末、無料で読む方法まとめ【悦若えつこ】

だから、現代語訳を探し、まとめてみました。

20

此の神床に坐す掛まくも畏き 天照皇大神 産土大神等の大前を拝み奉りて 恐み恐みも白さく 大神等の広き厚き御恵を辱み奉り 高き尊き神教のまにまに 直き正き真心もちて誠の道に違ふことなく 負ひ持つ業に励ましめ給ひ 家門高く身健かに世のため人のために尽さしめ給へと 恐み恐みも白す 読み これのかむどこにます かけまくもかしこきあまてらすすめおほかみ うぶすなのおほかみたちのおほまへををろがみまつりて かしこみかしこみもまをさく おほかみたちのひろきあつきみめぐみをかたじけなけなみまつり たかきたふときみをしへのまにまに なおきただしきまごころもちて まことのみちにたがふことなく おひもつわざにはげましめたまひ いえかどたかくみすこやかに よのためひとのためにつくさしめたまへと かしこみかしこみもまをす. とてもキュンとします。 短く時間を取らないので他の参拝客の邪魔にならない これらの上記の神社の祝詞はたとえ3回ほど唱えても短いのであまり時間はとらないと思いますので、他の参拝客のさまたげなどにもならなくてよいかと思います。

神々の広く厚い御恵【みめぐ】みをもったいなく思い、高く尊い神の教のとおり素直で正しい真心によって人の道を踏みはずすことなく、 自分たちが、従事する勤めに励むことができます様に、また、家が栄え、家族も健康で世のため、人のために尽くさせてくださいと、 恐【おそ】れ畏【かしこ】んで 謹んで 申し上げます。

徐々に徐々に無自覚ですが、お互いに好意を抱いている二人。 なるほど、要するに「神様たち〜!悪いコト起こったらイヤだからぁ、今からいろんなお願いするんでぇ、聞いてね〜!」 っていう挨拶ですな。

4

この神々の力により、多くの罪や穢れを清められたとある。

そして名前について神様に尋ねた梨子。 掛 か けまくも 畏 かしこ き 伊邪那岐 いざなぎ の 大神 おほかみ 筑紫 ちくし の 日向 ひむか の 橘 たちばな の 小戸 をど の 阿波岐原 あはぎはら に 禊 みそ ぎ 祓 はら へ 給 たま ひし 時 とき に 生 な り 坐 ま せる 祓 はら へ 戸 ど の 大神 おほかみ たち 諸々 もろもろ の 禍事 まがこと ・ 罪 つみ ・ 穢 けが れあらむをば 祓 はら へ 給 たま ひ 清 きよ め 給 たま へと 白 まを すことを 聞 き こし 召 め せと 恐 かしこ み 恐 かしこ みも 白 まを す。 はい、してません。

1

神棚拝詞【かみだなはいし】 一例 此の神床に仰ぎ奉る 掛けまくも畏き 天照大御神 産土大神等の大前を拝み奉りて 恐み恐みも白さく 大神等の廣き厚き御恵みを 辱み奉り 高き尊き神教のまにまに 直き正しき眞心もちて 誠の道に違ふことなく 負ひ持つ業に勵ましめ給ひ家門高く 身健に 世のため人のために盡さしめ給へと恐み恐みも白す 読み下し文 このかんどこにあおぎまつる かけまくもかしこき あまてらすおおみかみうぶすなのおおかみたちのおおまえをおろがみまつりてかしこみかしこみももうさく おおかみたちのひろきあつきみめぐみを かたじけなみまつり たかきとうきみおしえのまにまに なおきただしきまごころもちて まことのみちにたがうことなく おいもつわざにはげましめたまいいえかどたかく みすこやかに よのためひとのためにつくさしめたまえとかしこみかしこみももうす 神棚拝詞(現代語訳) この神棚に仰ぎまつる、言葉に出し心にかけて申し上げることも恐【おそ】れ多い、 天照大御神【あまてらすおおみかみ】、この土地にお鎮まりになっている産土【うぶすな】の大神の御前を拝して謹んで申し上げます。 出雲大社の祓詞 [ ] では、通常とは異なる文言の祓詞を唱える。