メメント 映画。 メメントのような映画

圧倒的な絶望感の中、レントンと仲間たちは人生を変える賭けに出る。 異例の手法を使うことで「記憶が10分しか持たない男」の思考がリアルに表現されているのと同時に、とても難解な作品に仕上がっています。 どうやら犯人の名前であるらしく、この名前を追い求めてレナードは奔走する。

7

電話相手に「誰だ!」と問うと電話切れる。 助けてくれた代わりに自分も協力をすると話すナタリー。 しかし実は復讐そのものはすでに終えているのですが、忘れている彼は延々と存在しない犯人を追い続けていました。

13

レナードはそれを断るがナタリーは怒って殺されたレナードの妻をこき下ろし、罵詈雑言を吐く。 記憶が残らないのはツライ… 結末で結局レナードは狂気めいた殺人計画に走ってしまいますが、そもそも狂気に走る原因は記憶障害にあると思うと切ないものがあります。

20

息子と共に買出し出掛けたデヴィッドは妻に連絡を取ろうとするが、携帯電話も公衆電話も不通になっている。 ラストのシーンで、妻がベッドで寄り添っていたレナードの体にはすでにタトゥーが入っていたが、文字が違っていたのはどうしてか?• カラーは時間軸が逆から進んでいる 白黒は時間軸が通常通り進んでいる 一回見ただけだと頭の中がクエスチョンマークだらけになるので、二回か三回観てみましょう。 復讐のために犯人探しを始めたレナードは、覚えておくべきことをメモすることによって自身のハンデを克服し、目的を果たそうとする。

サミーは注射を打つなどの動作ができるにも関わらず、短時間しか記憶を保持できなかった。 「現金 ゲンナマ に体を張れ」 キューブリックの作品です。 冒頭のシーンのみ紹介しましたがこの映画の秀逸な点がこの見せ方です。

5

大金と新しい人生。 「メメント」以外にも、面白い映画の配信がてんこ盛りです。

11