マツダ mx30。 マツダMX

たとえジャケットを脱いでそれを載せるのでもその必要性がある。 市販バージョンでも同様のパッケージングとすることで、コンパクトカーにも対応する最適な次世代電動システムに。

10

報道陣向け公道試乗会で走行準備中のMX-30各車。 かつてマツダは、ロータリーエンジンを搭載する4ドアスポーツクーペを開発し、世間を驚かせた実績がある。

〈文=ドライバーWeb編集部〉. マンネリSUVでは満足できない方々は必見の1台だ。

1

早速実車を確認してきたのでその模様をお伝えしようと思う。 出力が控えめなのはマツダ製スカイアクティブユニットの特徴だが、今回はそのガソリンエンジンにモーターがアシストする。 アイドリングストップは、ベルトを介して再始動するからノイズは小さい。

2

上のグレードが欲しいが、コレはいらないということがクルマ選びには付き物だが、MX-30ではそんなことが少なくなったこともトピックの1つだろう。 後席は前席との距離を長めに取るとともに、着座位置の高さとフロア高を調整することで、体格の大きな人でも余裕を持って座ることができるヘッドスペースを創出。

15

気のせいかと思って何度もわざとマンホールに乗ってみたり、目地のありそうな路面を選んで走ってみたのだが、その往なし方は正直想像をはるかに超えたものだった。 だが、MX-30ではリアドアの中にボディのセンターピラーの機能を受け持つホットスタンプ材(1500Mpa級)のバーティカルレインを配置(側面衝突にも対応)することで、ベルトアンカーをドア側に取り付けることに成功。 0kgm• インテリアコーディネートには、モダンをテーマにしたホワイト系の「モダン コンフィデンス」と、ブラウン系の「インダストリアル クラシック」をオプションで設定。

12

最後に試乗していて気になった点をひとつ。 実際リバースに入れるつもりでPに放り込んでしまったケースがあり、少々使いづらいと感じた。 ただし、マツダはその持続可能車地球を実現するためのロードマップを宣言した「サスティナブルZoom-Zoom宣言2030」にて、2030年にはマツダ車の100%を電動化する目標を発表しており、今回のマイルドハイブリッド投入はその過程となるものです。

14

エンジン本体のほうは、最高出力が156PS(6,000rpm)、最大トルクが20. これなら大柄な大人でも十分にこなせそうだ。 WLTCモード燃費は、2WDが15. MX-30では従来に比べてさらに安全性能を進化させており、右折時に直進車との衝突を避ける機能も加わった。

リヤドアを閉めてからフロントドアを閉めないと、ドアは閉まらない。 エアコン操作パネルにタッチパネル式をマツダ車で初採用• それはグレードという概念をほぼ取り払い、2WDか4WDかを選択した後に、欲しいものを欲しいだけ取り入れるパッケージをさまざまに取り揃えたのだ。