白い 巨塔 大河内。 白い巨塔で、大河内教授はなぜ医学部長である鵜飼教授より偉そう(え...

小説やテレビドラマなどで役名や役職は若干設定が異なるため、2019年テレビドラマの内容に統一をします。 豪快かつ狡猾な財前又一という男を小林がどのように体現するのか、今から期待が高まります。 裁判では、「外科手術に踏み切った根拠に必要の度合を超えるものがあったかどうかが問題。

19

屍は生ける師なり。 僕が演じる大河内は、一人一人の中にある医者としての良心を形にしたような存在です。 一般企業いうところの平社員に当たります。

15

作中では、教授選に公正を期すために選考委員に名乗りあげるなど、自身の影響力を正しい方向に使う数少ない人物です。 佐々木傭平さんの肺の影は、実際はガンの転移であったのですが、 それを炎症性変化と誤診して、佐々木さんの手術に踏み切ったと 思っていたようです。 この小説の凄さは、このような 所にあるのだと思います。

白い巨塔の中では逆転までとはいえないですが、対等、もしくは対等より少し大河内教授が上?と思うシーンもしばしばあります。

13

を専門としている。 東は失意のまま定年退官を迎え、近畿労災病院の院長に就任した。

17

作中で鵜飼学部長も、大河内教授の前では遠慮しているのも、実力やキャリアが明らかに自分より優れているからであり、学内を超えて医学界全体に大きな影響を与えている人物だからです。

20