タイタニック 最後。 知らなかった!映画『タイタニック』の17のトリビア

。 両思いになれば、サエに邪魔され、つき合わされ、解放された途端にふられ…。

8

1番ボートは定員40人に対し12人しか乗っていなかった。 (1912年4月10日) クルーたちも緊急時への対応ができていなかった。 事故後の1924年のパリオリンピックで混合ダブルスの金メダルを獲得した。

18

1時25分には「女性をボートに乗せて降ろしている」、1時35分には「エンジンルーム浸水」、1時45分には「エンジンルームはボイラーまで満水」であった。 実際、三等客は一等客が乗り終えるまでデッキに出ることも許されず、順番が来るまで閉じ込められたままであった。

6

オリンピックに設置された「カフェパリジャン」、1913年に撮影された写真 ほかにも、オリンピックにはAデッキ同様Bデッキにも海に面して全体に亘ってプロムナードデッキが設けられていたが、タイタニックでは廃され、代わりに数十室の一等客室が増設された。 救助されたあとに亡くなった犠牲者の中には同じように酔っていてアルコール血中濃度の高い者もいたためである。 日本語版第9巻で、「タイムトンネル」同様、過去に移動して沈没に遭遇。

17

(しかもブリーチが1回で暗めにしているなら特に) 毎回ブリーチしている所にオキシ6%を使った薬を塗られたら、既にブリーチをしているのに更に脱色作用の強い物を塗られた上に色を入れる事になるので、最近の色落ちの原因はそれかもしれません。 マードックは即座に「Hard starboard! Titanic : Triumph and Tragedy. 6メートル)で航行している船が停止するには1,200メートルもの距離を必要とした。

13

不沈のマーガレット・ブラウン マーガレット・ブラウンさんは映画同様に尽力した生存者でした。

企業家のは、とセーターといういでたちからとに着替え、紳士らしく船と運命を共にしたいと述べた。 ムーディ「Thank you. これは生存率を見れば一目瞭然で、女性客だけとって見ても、一等は145人中140人(97%)、二等は106人中80人(75%)、三等は447人中296人(66%)となっている。

8