子宮 体 癌 初期 症状。 子宮体がんのステージ別生存率と平均余命

排尿困難• 他の悪性腫瘍と比較して頂けばよく解りますが、子宮体癌は全体の5年生存率が84. 子宮体がんの再発・転移が見つかったときの治療法 子宮体がんは多くの場合で骨盤内に再発します。

10

このため、子宮体がんの早期発見には自覚症状を見過ごさないことと、何らかの自覚症状があった場合には速やかに医療機関で診察を受けることがとても重要です。 浸潤癌(微小浸潤癌を含む) 2. そして、子宮頸がんの腺癌では、精密検査をした上でがんのステージを大きく分けて5段階にして申告し、0期やIa期であれば円錐切除術で疑いのある部位を切り取るとのことでした。 さて、抗がん剤は、以下のどちらかが、用いられることが多いです。

10

おりものの量が増えてきた• 「 」に当院での治療成績を示しました。 これはコルポスコープと呼ばれる膣拡大鏡を用いる検査の「コルポスコープ診」と「狙い組織診」とがあり、コルポスコープ診の場合、子宮頚部の組織を拡大して詳しく観察することができるため、病変の組織分類や浸潤度合いを推定することができます。

4

点滴したり、口から内服したり、動脈から直接癌に注射するなどの投与方法が用いられます。 定期的にマッサージ(リンパドレナージ)をしたり、締め付けのあるストッキング(弾性ストッキング)を穿いたりするのがこの症状を抑える方法です。

20

早期であれば治癒の可能性もあります。 検査をしてから1週間以内には結果が解ります。

20

その後、術後1ヶ月検診で筋腫が見つかりホルモン療法による治療を行いましたが顔のむくみや湿疹などになやまされたため、子宮全摘手術を決断し手術後の10日後に記者会見にて手術の成功を報告されました。

2