郵便 投票 問題 点。 不正だらけの米大統領選、コロナ禍と郵便投票の最凶タッグで買収横行=児島康孝

なお、上肢、視覚の障害が1級、特別項症、第1項症、第2項症であっても、郵便等による不在者投票をすることができる選挙人でなければ、代理記載制度によっても郵便等投票を行うことはできません。 憲法の日程を変更することを、わずか2ヶ月で実現することは難しいことから、結果確定がずれ込むことは避けたいところです。

あくまでも可能性であり、過去の大統領選でもこれほど郵便投票に注目が集まったこともないので、不正行為が起こるかどうかの根拠も前例も非常に少ないです。

13

なお、アメリカには住民票制度がなく、国民がどこに住んでいるのかについて、政府はしっかりと把握できているわけではない。 トランプ大統領は何度も郵送投票が不正や改ざんにつながると指摘。 残り30万円は下がった時にコツコツ買う用の資金、残り40万円は温存です。

6

つまり選挙権に関して海外在住者どうしの間で不平等が生じており、「憲法違反」の状態である。 はじめに - なぜ延期?「郵便投票」の問題 2020年7月30日、アメリカのトランプ大統領は11月3日に控えている大統領選を延期する可能性に言及し、アメリカではちょっとした騒動になっています。 その点もまた、不正行為を誘発しやすいと言えるだろう。

8

早期に決着がついて開票がされない可能性がある、不正の温床になる、作業量が多すぎて制御しきれず2重投票が発生する…など、いろいろな懸念がされておりました。

Jocelyn氏は、最近開催されたオンラインパネルディスカッションで、「私たちには準備ができており、過剰な準備かもしれないほどだ」と話した。

1