夫 の ちんぽ が 入ら ない こだま 離婚。 「私は出会い系、夫は風俗通い、夫婦に性生活は必要か?」――『おとちん』著者・こだまインタビュー

私は人と接することを怖れて距離を置き、常に外側から見てしまう。

20

これは氏の同名曲のことで間違いないでしょう。

14

それが解決や答えになっている必要はない。 小説『夫のちんぽが入らない』あらすじをネタバレ紹介!2019年実写化【おとちん】 「おとちん」の通称でも知られる本作は、主婦である主人公・こだまが、夫との性生活の悩みを中心に、自身のさまざまな思いと生活をつづった私小説です。 各界より絶賛の声!• 「こうなってしまったのだから、悩んでいても仕方ない」と人生を謳歌している生き方に、元気をもらうことが多かったです。

12

音楽 - 、、、、• ですが、 二十代半ばのいい年こいた夫婦の仕業ですからね。

それでも、そばにいたい、一緒に生きていたいと思える人がいる。

16

でも、おかしな時期を経たことで、夫婦生活がなくても、夫が風俗に行っても、『入らない』というこだわりから徐々に解放されたんです」. 原作にはない「その後」が書かれているんですけど、それはまさしく私の「現在」でもあり、胸を詰まらせながら1ページ1ページ大事に読みました。 こうして研一以外とは「 普通にできる」ことを知り、 出会い系で数え切れないほどの男たちと関係を持ちます。 そうなんです。

こだま:自分と母との関係じゃなくて一歩退いて見たものを書いています。 どんなものでも読んでくれる人がいれば、という感じでした。 小学校時代に川本くんという同級生にからかわれたことをきっかけに、外見のコンプレックスが強くなって、もともと内気だった性格にさらに拍車がかかってしまったんです。

4

これをずっと 1年 2年続けてきた感じです。 聴きながら漫画を読み返したら少し泣いてしまいました。 友達もいなかったので。

18

書く場所が変わっただけ」 「でも、個人の日記帳で繰り広げてることと、それを全世界の人が閲覧可能な場に載せるのは、全然意味が変わってきますよね。 日記をつけていたのは「話し相手がいなかった」という理由が一番大きいと思います。

8