抗生 物質 アジー。 アジー(ジスロマックジェネリック)

尚、性器クラミジア感染では、初日は500mg錠を4錠 合計2000mg を服用し、その後は500mg1錠を3日間経口投与する。

6

アジーの副作用について アジーの主な副作用には、発疹・じんましん・そう痒症・胃腸症状・腹痛・下痢・吐き気などが報告されています。 副作用は光線過敏があるが、中止により軽快し、その他の腹痛や頭痛などは軽微なものであるとした。

2

) ペットのお薬代は、保険が効かない分、個人輸入で調達されれば先発薬でも5割~7割の節約が. インフルエンザ菌、モラクセラ・カタラーリス、肺炎レンサ球菌による軽度から中度の急性細菌性副鼻腔炎の治療 この症状にアジー アジスロマイシン は効果がないので注意! このように様々な症状に有効なアジーなのですが、何にでも効くわけではなく 効果がない症状もあります。 犬猫の静菌性外耳炎・中耳炎・口内炎• アジー のご使用に際しては、医師や調剤師などの専門家にご相談ください。 深在性皮膚感染症 また適応する菌種は次の通りです。

一般的な副作用 腹痛、吐き気、嘔吐、軟便、下痢、発疹、発赤、かゆみ、じん麻疹、めまい、意識障害、けいれん、肝機能値の異常、白血球数減少 稀に出る重度の副作用 じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しさ、冷汗、顔が白くなる、手足のしびれ、脈が弱い、血圧低下、発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感、だるい、吐き気、リンパ節の腫れ、食欲不振、尿が少ない・出ない、むくみ、尿の濁り、血尿、頭痛、のどが渇く、けいれん、血圧上昇、から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱、手足のしびれ・こわばり、脱力、筋力低下、筋肉痛、歩行困難…etc アジーの効果を最大限に活かす服用方法 特にこれといった方法はありません! そもそも抗生物質は薬の作用が非常に強いものなので、 正しく飲むという事が一番効果的な飲み方です。 ただ、アジスロマイシンは、その化学構造上の特徴のために、他のマクロライド系の抗菌薬と比べても比較的脂溶性が高いとされており、同じマクロライド系抗菌薬のミノサイクリンほどではないものの、アジスロマイシンもまた中枢移行性がマクロライド系抗菌薬の中では比較的高い。

2

日本国内だけで100万人以上の人がクラミジアに感染しているとされています。 必要な錠数に応じてお選びください。 クラミジアが原因菌の尿道炎や子宮頸管炎なら1000mgを1回飲むだけで1週間も効き目が持続します。

3

尿道炎、子宮頸管炎などは、 1,000mgを1回服用します。 どちらも肝臓に影響を及ぼす成分なので、思わぬ副作用を引き起こす可能性はある• メフロキンの副作用を倦厭して、その代替薬として使用される場合もある。

9