スナック バス 江。 スナックバス江とは

天野小雨(あまの こさめ) 5話から登場する「バス江」の新しいスタッフ。 その後、ダイエットに成功するが、今度は痩せた者としてマウントを取ろうとする。 モテたくておかしな言動をするという点では森田の同類だが、少なくとも中学時代までは可愛らしい中性的な美少年で、女子の同級生から性的なイジメを受けていたことで、強い男としてモテたいという動機がある。

12

重版についてはこのへんにして、8巻の感想です。 それでいて古くささを感じさせずに最先端を行っているって感じ。

18

過去に 男関係でいろいろと痛い目にあってきたらしいです。

そんなフォビドゥンの現在連載作スナックバス江は 場末の スナックを舞台にしたショートギャグです。 童貞であることを嘆く一方で、風俗などには行かないなどの謎のポリシーも持つ。 8巻はどんな感じかというと、 明美が言ってはいけないことを言ってしまいます。

11

ハウツー本を引用しない時は割と常識人である。 きれいなお姉さんから、サラリーマンやおじさん、おばちゃんなどがそれぞれの年齢ならではの雰囲気、特徴がよく出ており、作者の観察眼が伺えます。 私個人の感覚では、漫画は100万部いけばヒット作で、帯に部数を書いて恥ずかしくないのは10万部からってところです。

7

女性にモテたいと公言するが同性からみてもキモい言動を行い、毎回明美に引かれる。 その他 [編集 ] 西岡(にしおか) 中年の馴染み客。

3