早稲田 大学 バレー 部。 10か月ぶりに躍動感 早稲田、東海が快勝。関東大学バレーボール秋季リーグ戦代替大会開幕

身長194cmという武器はパワーとスピードを強化することで、より大きな強みになるだろう。 同じ京都にそんなライバルがいることで、互いに切磋琢磨(せっさたくま)できたという思いはある。

10

【オープン戦】• もうやりたくないです」と、苦笑いで振り返った。

10

筑波戦では3枚ブロックをも打ち抜くスパイクや、クイックで得点を重ね、高いブロックで連続得点を許さなかった。 早稲田は3-1で勝ち切り、8戦全勝で10月19日からの残り3試合に臨む。 いっつも負けてきた村山豪に最後こそは勝ちたい まず警戒すべきは早稲田のサーブ。

11

そのままVリーグに進むという道もあったが「バレー以外でも、この大学4年間でしか得られないものがあると思ったんです」と、早稲田へやってきた。

17

「もし僕にもチャンスがあれば、世界に挑戦したい気持ちはあります。 進学校でもある洛南の一般入試を突破し、学業にも真剣に取り組んだ。 しかし、後一歩のところで追いつけず、18-25でこのセットを落とします。

14

目指す場所にたどり着くために何が必要か、大塚(中央)は求め、行動してきた 日本男子バレー界の若きWエースである柳田将洋はドイツ1部リーグのユナイテッド・バレーズで、石川祐希はイタリア・セリエAのパッラヴォーロ・パドヴァでプレーしている。

8

バレーを始めたのは小3のとき。

7