位置 指定 道路。 道路位置指定要領

そして、その 私道の中でも、特定行政庁から指定を受けた私道が位置指定道路です。 位置指定道路における規制 位置指定道路は本来は私道であり、所有する個人のものです。 1-1. 附則5項道路とは 1950(昭和25)年11月23日の 建築基準法施行以前に、「建築線」として道路幅員が指定された道があります。

6

すみ切りを設けること• また「告示建築線(指定建築線)」と呼んでいる地域もあります。

「例えば、位置指定道路に面した土地に新しく家を建てることになった場合、配管の整備などでその私道を掘削したり、工事車両を私道に停めたりする必要があります。 net -位置指定道路について詳しく解説します。 確定協議について 確定協議については、以下の関係書類をご参照の上、手続きをお願い致します。

9

土地の所有者は、購入者などとの共有名義、地主さん個人名義、土地を分譲したディベロッパーなどが所有者になっていることがあります。 その一つに法第42条第1項第5号に規定されている、いわゆる『位置指定道路』と呼ばれているものがあります。 勾配は12パーセント以下で、原則として階段状としないこと• その場合は相続人も調べる必要がありますので、専門家に一任するのが得策でしょう。

18

しかし、中には4mの幅員を満たしていない「不完全位置指定道路」が存在します。 「当たり前のように聞こえるでしょうが、上記図で、特に【3】のように、建物のある土地の前ではなく、飛び地になっているケースでは稀に忘れてしまうケースがあります」 【3】のように飛び地で持ち合った場合、それを相続して売却するような場合に、飛び地の存在に気がつかなかったり、忘れてしまいがちです。

8

ここでいう道路とは、国道・県道・市道などの公道だけに限らず、私道であっても認められます。

18

位置指定道路は幅員4m以上という規定があるため、セットバックの心配ないように思えます。 まとめ 位置指定道路について解説をしました。 しかし、例えば以下のような土地を考えてみましょう。

20

「位置指定道路」とは? 私道を『位置指定道路』とするには、飯田市からその位置の指定を受けなければなりません。 これは不動産屋が土地を分譲するときによく行う形ですので、皆さんも一度は見たことがあると思います。 土地を購入してマイホームの新築を考えている場合、家を建てる土地がどのような道路に面しているかはきちんと確認しておきたいポイントです。

17

ところで、この位置指定道路は私道ですので誰かの所有物です。

3