プラスチック 黄ばみ 取り。 プラスチックの黄ばみ、原因は何?落とし方と予防方法をご紹介

まとめ 今回はお風呂(プラスチック)の黄ばみの 取り方についてご紹介しました。 ただし、メラミンスポンジは研磨剤のようなもの。 加熱を止めるタイミングは、沸騰し始めたところです。

2

つまり中のほうまで黄ばみは 進行しちゃっているので 表面の黄ばみが取れても 全然意味がないんですよね。

9

もうひとつの「紫外線」は、夏ですからいつも以上に手に入りやすいですね。 そして女性の大敵「紫外線」。 ただしゴシゴシこすりすぎないように注意をしてください。

ですので、 漂白剤や同じ漂白剤であるカビ取り用の洗剤を使ってみると黄ばみが取れることがあります。 お風呂には黄ばみ以上に、カビの発生も大きな問題です。 それを拭き取るようにメラミンスポンジで全体をこすってあげれば完了です。

16

だいたい200mlでひたひたになりました。 これは、紫外線の力で漂白剤に含まれている成分に化学反応を起こし、黄ばみを取るという方法です。 直射日光(紫外線)が当たらないようにする まず、黄ばみを出したくないものについては、直射日光に当たらないようにしましょう。

まずは黄ばみ取りを試してみるしかありません。

11

オキシドールは、メラミンスポンジと同様、ドラッグストアなどで購入することができます。

浸けたらそのまま日差しの強い場所で天日干し、紫外線を加えながら1週間程度置いときます。 コストもほとんどかからずに、簡単に黄ばみを白く再生させることができる「プラスチックの経年劣化による黄ばみ対策」のご紹介でした。

11