銀河 鉄道 の 夜 読書 感想 文。 銀河鉄道の夜 読書感想文の書き方と例文(中学生・高校生向け)

「幼名ってことは、世代の差があるから、父子関係のメタファーとして読んだ方がよさそうな感じがする」と思い、 『カムパネルラは、行方不明のジョバンニの父』という目線で読んでみたが、それもまたしっくりこない。 少しだけ「ふしぎの国のアリス」にも似ている気がします。 アニメの設定を、まだどこかで小馬鹿にし、批判しながら、続きが見たくてたまらなくなる理由なのだと思う。

2

賢治自身は、読まれていることも、作家として世に認識されていることも、実感として持たないままだった。 それはそうだ。

7

銀河鉄道の夜のあらすじ(簡単な話の内容)*ネタバレあり 空想好きの少年、ジョバンニは、遠洋漁業に出かけている父親のことで、他の子供達からいじめられていました。 だが、私は彼の取った行動を素晴らしいことであり、大切な事だと思った。

『ラ・カンパネッラ』って確か『教会の鐘』って訳されるよな。 もしかすると宮沢賢治の「こんな風に読んでほしい」という意図からは遠くかけ離れた方法で読んでしまったのかもしれないが、この約2日間、どっぷりと銀河鉄道の夜の世界にひたり、この作品がどうしてこんなにも長い間たくさんの人に愛され続けてきたのかがわかるような気がした。

12

あの、障害者を見つめる目と同様の目をして、 私を見ていたのだ。

最近、こども向けの教育番組でこの「銀河鉄道の夜」の切ないシーンが美しい言葉とともに流れてきて、きっと番組を見たこどもたちはまだ理解できないかもしれないけれど、自分が感じたふわふわでも切ない気持ちを感じる子もいるのだろうと思います。 しかし賢治は前を見て乗り越えろ、と訴えていると思う。

7

自分の魂の友としての、ある意味完璧な友人。 そして何回も何回も読み返しました。 私は「人に尽くす」尊い生き方を、また本当の幸福を求める生き方をする為に、まず自分自身から自己中心的な考えを破って変わっていきたいと思う。

13

けれどもおまえはどうしてそう思うの。

17