ヤンデレ pixiv。 花々の狂気〜ヤンデレAqours物語〜

概要 「」と「」の合成語。 三人の女性をうまく利用してヒモ男のような生活を送っていたが、幼少期にある約束をした幼馴染の「サクラ」と再会する。 一巻ではヤンデレというギミックを利用したサスペンス的な展開が目立ち、ヒロインと敵対するような流れになってしまうのでヤンデレ目的で読むと「おや?」となってしまうかもしれませんが、二巻でヒロインらしい動きを見せ始めるので一巻だけでなく二巻まで見てほしい漫画です。

18

意中の相手(多くは)に対する二律背反の感情や葛藤の慢性化、独占欲の不充足等により、や、を欠いた状態を示す。 注意 「ヤンデレ」という性質上、流血表現や暴力(身体的・精神的)表現など精神的にショックを与える描写を含むものも少なくない。 「ヤンデレ」の転回 過激化とによる作品数の急増は、次第に「とりあえず刃傷沙汰」といった粗製乱造の様相を呈するようになり、当初からの愛好者よりそうした風潮に対する疑問の声が上がり始める。

6

なお、先述の「pixivに投稿された作品」(当記事末尾)含め、当記事の閲覧や編集その他の関与もまた各自の自己責任の範疇であり、それらは閲覧者・編集者個人に帰結する責任である。 小説執筆初心者です。

そうした時の思考は「 全て壊して二人だけの世界を作ればいい」「 死ねばもう心が動く事はない」といったある種のである。 サクラの好感度はまるでバグったような桁違いの数値を示していて・・・。

1

ヤンデレ 1 特定の誰かを愛している、他は(時に自分自身さえ)どうでもいい 2 愛している特定の人のためになんでもする「護って、尽くす」行為がベースにある 3 愛している人にそっぽを向かれるのを何より恐れるが、それ以外の他人からどう思われようが知ったことなし 4 一言で言えば、 「愛してくれないなら邪魔なあいつ殺す!」 メンヘラ 1 誰かに愛情を向けてもらいたい、そんな自分が何より愛おしい 2 誰かに気を向いてもらうためになんでもする「かまってちゃん」行為がベースにある 3 自分という存在がそっぽを向かれるのを何より恐れるが、自分以外の他人がどうなっても知ったことなし 4 一言で言えば、 「愛してくれないならここで死んでやる!」 出典 インターネット上で用いられるより これにより 「ヤンデレ」が持っていた自己中心性や攻撃性の多くが「メンヘラ」に投げられる形となり、従来「ヤンデレ」とされていたキャラクターの中からも再考を促される例が出てきた。

1

故に異なる意見に触れられないまま思考を先鋭化させてゆく。

4

浮気の兆候を潰して回る「ヤンデレ」の行動は、見方によっては貞操を守り不埒な輩へのを行うとも取れ、そうした時代における一種のシンボルとして受け入れられた。

6

短編集として出していたのですが、分かりにくいとの事でこちらで纏めて再投稿しています。 それでも それぞれの個性はしっかり出して行くつもりです。

自分だけを見るようにひたすら説得(という名の・)を行う。

20