Wakeai 通販 サイト。 食品ロス削減を支援する通販モール「Wakeari」、36万人が登録するFacebookグループと統合し、「WakeAi」としてリニューアル

どんなに成長しても、「困っている人を助けたい」という気持ちから生まれた背景は大事にしたいと思います。 クレジオ・パートナーズには、この事業統合・資本提携・会社分割に関して、具体的なスキームの構築や、先方と協議を進める上でのアドバイスを頂きました。

7

同じ志を持つ仲間として、お互いのないものを補完しあうことができ、また今以上に大きな支援の輪を広げることができる可能性が広がるとの考えから、サービスの統合を決定したという。 高まる通販需要に応える 高級食材、観光商品も並ぶ 商品想定は、飲食店舗、卸売業者、小売業者、製造業者など、さまざまな業種の売れ残った商品。 新型コロナウイルス問題により、年内に予定をしていた催事やイベント出店がほほ全て中止、そして、東京を中心とした首都圏向けのギフト卸が激減してしまっております。

11

一方、今回統合した「Facebookコロナ支援・訳あり商品情報グループ」は、2020年4月にグループ代表小坂達也氏が立ち上げたボランティアグループ。 生花・植物 販売理由のコメント抜粋 商品紹介の欄には、販売理由を記載している商品もあります。 それでも6月までは完全無償でサービスを展開していました。

11

お茶・コーヒー• これをきっかけに、インターネットの凄さに魅力を感じ、自分のビジネスの販路開拓も、初期からインターネットを全面的に活用する施策を展開してきました。

小坂氏にも「Wakeari(ワケアリ)」のコンセプトや機能を説明し、議論を重ねたところ、「Facebookコロナ支援・訳あり商品情報グループ」と「Wakeari(ワケアリ)」が一緒になれば、双方の足りない部分を補い、それぞれが持つ現在の課題を解決できるのではないかという結論に至り、「一緒にやろう」という流れになりました。 国内207店舗を展開する和食ファミリーレストラン「和食さと」で、テークアウトメニュー5商品を特別価格で提供するキャンペーンが実施されている。 企業情報 会社名 株式会社WakeAi 代表者名 代表取締役 慎 祥允 設立年度 2021年1月 本社所在地 東京都港区 事業内容 社会貢献型通販モール「WakeAi(ワケアイ)」の企画・開発・運営 HP. 今回のように双方が一緒に事業を進めていく場合、どうしても相手がある話になります。

6

そしてこのたび、農林水産省のインターネット販売推進事業「#元気いただきますプロジェクト」に参加。 水産物• どちらかが一方的にイニシアティブを取るのではなく、相手の立場も考えた上で、将来的なトラブルを避けるために必要な視点から助言をもらえたのは、自分が正に求めていたソリューションでした。 サービスをリリース後、反響も大きく、「コロナで打撃を受けた方を支援したい」という方々がたくさんいることも分かりました。

18

既に多くのお店がつぶれていたり、店を閉じる決断に迫られています。 一体どんな食材がどのくらいの値段で出品されているのでしょうか。 インターネットの力を信じ、この状況を少しでも緩和するために消費者としても何かできる事はないかと考えさせられます。

10