ずっと 真夜中 で いい の に お 勉強 し と いて よ。 【ずっと真夜中でいいのに。/勘ぐれい】歌詞の意味を徹底解釈!嫌えるほど律儀じゃない私たち。

歌詞冒頭では 「病み感情が溢れた」と綴られています。

13

いつか何かにたどり着けると信じながら、「この状況をなんとかしなきゃ」という焦りを糧に。

4

ACAねが建物の上に登り「しゃもじ用意」とささやいてから『雲丹と栗』の演奏が始まる。 そんな焦燥に駆り立てられるように、 主人公は《今日も》なにかを解決しようと苦心しています。

18

サビ1 ファンキーな直感で 今日の歌だって 変わってゆくなら そんな理由で 飛び込んでみたいけど ただ泣きたくて、図っといて、 集めちゃった感情参考書です。

19

歌が乱れることは滅多にない。 「勘ぐる」(あれこれ気を回して悪い意味に考える)とも掛けているように感じます。 だから国難の時は真っ先に規制されて、再開されるのは最も遅い。

9

『Dear Mr「F」』である。 もう 「此処で いって」しまいたい。 けれども解答を求めることは、今の関係を壊すことになりかねないとも考えているようです。

10