ウーブン シティ。 スマートシティ国内事例10選【2020年最新版】

妄想が止まらない。 国分寺市• 網の目のように道が織り込まれた街の姿から命名したというのがトヨタの公式な説明だが、同社の起源が豊田自動織機であるということにも関係しているのだろう。

7

NTTやトヨタの提供するアプリやサービスへのコネクション• 改革の中心人物は、言うまでもなくトヨタ自動車社長の豊田章男(敬称略、以下、章男)だ。 [2]は、低速モビリティーが走行する一方で、人も歩いて移動できる道である。 PLTは今回の「ウーブン・シティ」以外に、どのようなプロジェクトへのアプローチが可能でしょうか。

8

車単位の戦いではなく、都市単位での戦いに。

15

足立区• そして、少しなまった英語を話す者同士、何か通じるものがあり、その絆はさらに深まっていきました 8か月に及び、私たちはともに調査を行い、検討を重ねてきました。 各種生活支援サービスをワンストップで提供することで、ライフスタイルやライフステージに応じた生活環境の実現と社会コストの最適化を図る。 また、街の中心や各ブロックには、住民同士のコミュニティ形成やその他様々な活動をサポートする公園や広場も整備される。

3

すでにこのとき、章男は、カーメーカーから「モビリティカンパニー」への転換を構想していたといっていいだろう。 私たちは「人工知能」[Artificial Intelligence]を、(人間の能力を高めるものという意味合いの)「知能増幅」[Intelligence Amplified]に転換していきたいのです。

14

7キロのサーキットコースがあり、レース用車両の開発も行われています。

8