仏 の 顔 も 三 度 まで。 【慣用句】「仏の顔も三度」の意味や使い方は?例文や類語を教材系ライターが解説!

以下は、そこからの抜粋です。 その間に生まれたコーサラ国の王子は成長して釈迦国に留学したときに母親に関する真実を知ります。

しかし唯一無二の母であることには違いないのに、その出生に拘りすぎてしまい、お釈迦様の再三のおさとしを無碍にしてしまった王の行為の結末が、川で命を落とすという結果になるのです。 王の行動がそのまま仏様の顔を撫でるような無礼千万な行為に当たるとは一概には言えません。

しかし、「仏の顔も三度まで」と同じく物事には限度という物があるということを表現する戒めの言葉なんですよ。 まとめ 「仏の顔も三度」は「仏の顔も三度撫ずれば腹立つ」を略した言葉ですから「仏の顔も三度まで」は正しくは間違いです。 しかし、現代では3度目に怒られることわざとして使われています。

堪忍袋の緒が切れる 我慢強さを袋に例え、それを縛っている緒が切れることで怒りが爆発することを表したものです。 いつも優しい先生が、何回も宿題をわすれたら仏の顔も三度だよって、怒りだした。 いくら子供でも、いたずらは、仏の顔も三度だよ。

一度や二度の失敗は許しても、何度も繰り返せば許すわけには行かなくなる様子。

14

結果、釈迦国は滅びることになり、仏さまが3回説得を行った事から「3」という数字が使われるようになりました。 私も肝に命じておきます。 「遠征の際僧に出会ったら兵を引け」という古くからの言い伝えや、高僧であるブッダの思いも鑑み、王は攻撃をあきらめ撤退しました。

13

」と反省の意味で、使っています。 こんな胸糞悪くなる頓知も、そうそう無い。

11

コーサラ国の王が釈迦族の女性を嫁に欲しいと所望し、自尊心が高く苦慮した釈迦族国王は使えている身分の低い女性の中から美しい女を選び、王族だと偽って着飾らして嫁がせました。

15

つまり、仏は何度も顔を撫でられたことに対して腹を立てたのです。 簡単にエピソードをまとめると、復讐のために釈迦族を滅ぼそうとする国王を仏陀が制止するというものです。