秩父 鉄道 事故。 秩父鉄道脱線転覆事故

(運転開始) (特急「南紀」)• 第2編成は1991年に - 間でと衝突事故を起こした。 踏切にある踏切支障報知装置を作動させて発報したが間に合わず、そこに発行き特急、「」24号(5両 HL-1005編成)が衝突した。

18

長瀞不動寺奉賛会(非連結子会社)• 事故地点は複線区間では直線、2 の下り勾配である。 (元年)• - と同型• 4km … 1984年2月1日廃止。 大きく損傷した前述した5両は、東京総合車両センターで解体された。

13

秩父鉄道広瀬川原車両基地車両脱線 [ ] 2012年(平成24年) 9時32分頃(車両脱線、輸送障害) 構内の内にて、「」運転のために構内を入れ換え中だったが通過時に進行方向右側へ脱線した。

12

編成表 [ ]. 約10億円をかけ、沿線で防護柵や落石検知装置などの再発防止対策をとったうえ、大雨の際の運転規制についても見直した。

20

9月 [ ]• 乗員3名、乗客約900人乗車 )が、奥田堀畑町地内( - 間)にある大里8号付近の軌道内で普通と衝突。 塗装 [ ] は1960年代は茶色に白帯、1970年代は茶色のツートンカラーで、1980年代に入ると黄色を基調に窓下に茶(急行用車は紺)のラインを配したオリジナルデザインをタクシー・バス車両など、グループ全般にわたり導入したが、に入ると電車は白地に青を基調とした塗装が主流となっている。 721 km)で、砂利を積載したダンプカーが雪道をスリップして踏切内に進入。

13

、『』(PV)• 立正大学地球環境科学部専任講師の山田淳一さんの車内特別講義も行う。 (国立国会図書館デジタルコレクション)• 特に前方の2両目は脱線・転覆後、線路脇のに激突し、さらに3両目から側面衝突されて耐震設計マンションの柱に巻きつく形で大破したため、1階駐車場へ突入した1両目よりも大勢の死傷者が出た。

- 秩父鉄道と同じく太平洋セメントが筆頭株主である鉄道会社。

14

岩石は直径80・質量約130で、線路脇の斜面にあったものが降雨による地盤の緩みで落下したものと思われ、線路周囲の法面の点検の徹底がから指示された。

8