二 月 時候 の 挨拶。 時候の挨拶で2月下旬に使える言葉!季節を感じる例文も!

空気も乾燥しておりますので、インフルエンザなどには十分ご注意下さい。

15

2月:外国語の呼び方 2月は英語では「February」(フェブルアリ)と呼ばれています。 「新緑の候」「歳末の候」などのように季節に応じた言葉を書きます。 漢語調の表現は格調高く儀礼的な手紙やビジネス文書によく使われています。

15

などというような感じですね。

15

こちらもまだまだ厳しい寒さの中、相手の体を案じる挨拶となっています。

さて~」と季語や時候の挨拶は入れずに「このたびは心づくしのお品をお贈りいただき~」というように、いきなり用件(お礼の言葉)から始めます。 余寒なお厳しく、吐く息の白さに耐えながら 春の訪れを心待ちにしているこの頃です。 ここから半年後の夏至の頃には枯れてしまうため、夏枯草という名前になっています。

9

春の訪れを待ちわびながら、お互い元気に過ごしましょう。

13

結びの言葉である「末文」は、書き出しの言葉である「頭語」によって決まった組み合わせがあります。

18

お忙しい時期ですが、風邪など引かれぬようお気をつけ下さい。