アタカ コーポレーション。 アタカコーポレーション株式会社

1980年、伊藤萬の完全子会社となる。 講談社ノンフィクション賞受賞。

16

「東芝にはそういう人はめったにいないから、そんなことを聞かされたら……当然ドン引きしますよね」。

関連項目 [ ]• 協和自動車 - 自主廃業。 。 安宅マシンツール• そのため、弥吉は「信頼できる部下は自分で育てなくてはならない」という思いを強くし、郷里から小学校の卒業生を紹介してもらい、学費を出して上級の学校を卒業させ、卒業後は安宅商会で働かせるという制度を始めた。

15

創業にあたっては、弥吉が自ら開拓した砂糖を除いて日下部商店/日森洋行の旧来の取扱品ならびに客先には手を付けず、すべて新規に開拓することを旨とした。 こうして、実際の社業の切り盛りは猪崎社長が行うが、人事権は創業家というだけで大株主でもない英一会長が保持するという二重権力体制が確立されていく。

20

それと同じように、一歩一歩着実に地歩を固めながら進む、というものであった。 また、英一自身も、「社長なんて面倒なことはかなわん」と重雄に社長業を譲ったとも言われている。 英一派の中心となったのが取締役であった。

16

大洋フェリー - 1986年3月、名門カーフェリーと合併。

18

となる。

17

戦後にスタートした同社は当時まだ規模が小さく、が安宅と同じ(現:)であったことから、住銀頭取が働きかけ 、猪崎社長も乗り気で話を進め、合併比率1:1、社名は「住友安宅商事」、社長は住友の、会長は猪崎久太郎と合併覚書調印寸前まで漕ぎつけたが、最終的に「安宅ファミリー」の反対でわずか1ヶ月半で流産となった。