クチート 育成。 【ORAS】メガクチート(物理アタッカー型)についての育成論

この型のクチートは、性格【れいせい】でHとCに努力値を252振り、余りをAに振ったHC型が有名ですが、今回のクチートは性格を【ゆうかん】とし、耐久を極限まで落とすことでAとCに多く努力値を割り振ったAC型になります。 外部コンテンツ ポケモンホーム• また、ほのお弱点のポケモンと対面した場合に優秀なサブウェポンとなります。

8

しかし、現在は環境の変化によって本育成論の役割であったほのお弱点の物理受けポケモンが減少したため、Cに大きく努力値を割いて【かえんほうしゃ】や【だいもんじ】を撃つ強みがあまり活かせなくなってしまいました。 ステルスロックが欲しい時に先発で選出。

性格は火力を伸ばすためのが最優先され、次いで下で有利なが好まれた。 また、マルチスケイルの無いカイリューは【じゃれつく】【れいとうパンチ】どちらでも一撃で倒すことが出来ます。

7

一般的な育成論 登場当初は珍しい鋼単色のポケモン(現在最終進化系で鋼のみのポケモンはこのポケモンと、(を持たせた時のみ)、、、、の7体のみ)で11個のタイプに耐性を持つポケモンであった。 強いて言えば・が高いか。 長くはがね単体でしたが、前作ではフェアリータイプが追加され、 はがね・フェアリーという優秀なタイプになりました。

3

攻撃技はタイプ一致のや先制技、、、、、などが候補。 概ねその通りです。

15

確定技• 5% チョッキゴリランダー 【れいとうパンチ】【だいもんじ】で確定二発 れいとうパンチ優勢 【ダイアイス】で確定二発 84. なぜ耐久を極限まで落としてAとCに努力値を降るのか 非常に耐久の低いイメージのあるクチートですが、ダイマックスの存在と優秀な耐性のお陰で、相手が積んでいなければ、Hにそこまで努力値を割り振らずともほとんどの攻撃を一発耐えることができますし、下手に耐久を上げても耐えられる攻撃はあまり増えません。 本育成論の概要 本育成論は、トリルアタッカーとして使ういのちのたまちからずく両刀クチートの育成論です。 きあいのタスキ、「いかく」と組み合わせたサポート型も存在するため、ステルスロックやちょうはつにも注意しましょう。

9

『ほのお』タイプの技のダメージが1. 投稿者:個人情報の流出• 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• (タイプ一致1. アイテム入手方法・集め方• 初手ステロだと二回行動できる可能性が低いので初手がんぷうが基本となります。 からはタイプが付き、タイプに強くなった。

6

また、追加効果がある技を使うと、道具『いのちのたま』の反動効果や『かいがらのすず』の回復効果を受けない。 例えば、りゅうのまいドラパルト、わるだくみトゲキッス、自信過剰ギャラドス、リベロエースバーンと言ったポケモンですね。

2

5となるのに対して、ストーンエッジは力ずくが適用されず、命中80威力100なので、急所を考慮しても前者の方が基本的には良さそうだと思ったのですが、どうでしょうか?ダイロックの威力も変わらないようですし。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 「いかりのまえば」は交代読みで使い、相手のHPを一気に削る技。

19