東海 汽船 納涼 船。 東海汽船の歴史・創業ストーリー

前の船名は「シージェット・クリステン」 SeaJet kristen。 東海汽船は、2019年の「東京湾納涼船」の詳細を発表した。

11

- 旅客船「」が就航する。 1969年就航、1989年、かとれあ丸2の就航により引退。 2014年8月25日 セブンアイランド夢の老朽化に伴い引退が発表された。

6

2014年6月竣工。 2013年、汗を流すことが出来るシャワールームが設置された。

13:30 東京発 ジェット船 1230便 --- 欠航 低気圧通過に伴う海上不良の為。 全額出資 1997年9月 東海マリンサービス株式会社を設立。

- 房総観光株式会社を合併する。 - 旅客船「淡路丸」が就航する。 熱海 - 神津島• - 高速船「」が就航する。

- 当社とが折半出資し、を設立する。 その後、社長の決断により、まず式根島行きの臨時便(さるびあ丸)を欠航させて伊豆大島に向かわせたほか、定期便(すとれちあ丸)も急遽、乗船していた旅客を下船させた上で救援に向かうなど、使用可能なすべての船舶を稼働させ、全社を挙げて救出活動に協力した。

5

- 旅客船「すみれ丸」が就航する。 ゆかた姿で乗船すると1,000円引きとなる(平日のみ)。 熱海から伊東・稲取両港を経由する便はない。

4

大島支店長の判断で行きの高速船「シーホーク」による臨時便の運航を決定し、まず観光客400人を避難させた。

5

1972年4月 港区海岸 竹芝 に本社を移転。 1949年5月上場 本社所在地 〒105-6891 一丁目16番1号 設立 (22年) 事業内容 海運関連事業 代表者 () 資本金 11億円 発行済株式総数 2,200,000株 (2017年12月31日現在) 売上高 連結114億42百万円 単独92億73百万円(12月期) 営業利益 連結5億23百万円 単独4億10百万円(12月期) 経常利益 連結5億54百万円 単独4億61百万円(12月期) 純利益 連結3億93百万円 単独3億38百万円(12月期) 純資産 連結51億57百万円 単独37億32百万円(2017年12月末日現在) 総資産 連結144億21百万円 単独121億27百万円(2017年12月末日現在) 従業員数 連結338名 単独194名(2017年12月末日現在) 決算期 12月31日 会計監査人 主要株主 株式会社 20. セブンアイランド大漁 1994年6月竣工(川崎重工業製14番船)165トン。 1978年就航。

6