ジョン タイター 予言。 時間旅行者「ジョンタイター」の正体とは?目的や予言などを詳しく解説! | オカルトオンライン

A 世界情勢や混乱しているアメリカ以外の情勢への言及が少なく、あったとしても説明不足な点が多い。 アメリカの地方区分は、現在の州ではなくなる。

3

タイターがこの任務を任された理由については、「彼の祖父がIBM5100型の開発に携わっていたため」と書き込んでいる。 アメリカが反撃し核戦争となり、第三次世界大戦へと発展する [8]。

IBM5100には説明書などには記載されていないが、コンピューターの翻訳機能が備わっているらしく、それが2036年の戦争後で荒廃した 世界に存在しないインターネットの世界を再構築するために必要なテクノロジーだそうです。 そして当時、全く公にはされていないはずだったのですが、2001年にCERNへの記者会見が行われ、そこで 「実は実験室でミニブラックホールを創る実験をしていた」CERNがこのようなことを発表したんです。 発明家でもあった彼はテスラの研究について調査する過程で、テスラの研究していたタイムマシンの製造法を知り開発。

2

アメリカの地方区分は、現在の州ではなくなる。 2003年:中国宇宙進出• その結果、一気に話題になり、 彼の発言は信憑性があり、 世間が彼に注目し始めます。 つまり現在と過去を比べると別の未来があるということになりますが、これが時間軸というもので無数に時間軸の違う世界があります。

20

・新ローマ教皇の誕生 2005年4月、ヨハネ・パウロ2世が死去しベネディクト16世が選出。 掲示板でもそのことに関して触れない訳がありません。

4

2000年にやってきたのも、その問題が起きる前の時代で、尚且つ彼のタイムマシンが移動できる上限の時代だからだと、彼は述べていました。

20

2045年にはタイムマシンが一般的になる というものです。 はるか先の未来を立て直すために過去に来た ジョンタイターが未来人だというにしてはあまりに納得できる証言が多いです・・ IBM社の企業秘密を知っているのはなぜ?スパイだとしても拡散する意味がないですよね。 また、ツイッターなどでは、デモに乗じた略奪にアメリカ在住者も困惑しているツイートが散見されるなど、多くの一般市民は、暴動するほど政権への不満は高まっていないようだ。

その後、1998年にタイムトラベルをし、自分の両親に会いました。 後にが中国を撃退するが、の攻撃により半壊滅状態になる。 もしこの続きが知りたければ是非見てみてください。

1